事例紹介CASE

防災対策強化のきっかけ(静岡県榛原郡吉田町)

町で唯一の飲料水兼用耐震性貯水槽。今後の防災力強化の足掛かりに。

事例の概要
吉田の鰻
静岡県榛原郡吉田町。大井川流域に位置し、豊かな水資源と広大な土地を活用した養鰻が盛んであり、“吉田の鰻”として通の間で愉しまれている。
一方、企業誘致にも積極的で、大手企業の工場や事務所が連なる工業地域にもなっている。

その吉田町に、これまでに設置された飲料水兼用耐震性は弊社製品が1基のみ。
この他には小型(2t)の貯水タンクが2基と、防火水槽26基が配備されている。
設置場所は防災公園に指定されている小藤路公園の敷地内で、100㎥の貯水量を有する飲料水兼用耐震性貯水槽である。
飲料水兼用耐震性貯水槽の設置に至るまでの経緯や配備後の状況を、吉田町水道課工務担当にうかがった。

yoshida_0yakuba

吉田町役場 水道課 工務担当様 100㎥飲料水兼用耐震性貯水槽自治体データ
人口 30,000人
面積 20.84平方km
設置基数 1基(内、当社製1基)
担当部署 吉田町役場 水道課
課題・背景
防災公園への配備
吉田町では、災害時の避難地として、4地区29箇所が指定

yoshida_00bousaikouen

設置場所となった小藤路公園



されている。また、豊富な地下水を利用した緊急時の消火活動用の井戸が29箇所、飲料水としては不適応ながら生活用水としての井戸4箇所、飲料水用の2t小型タンクが5基配備されている。
この他、防災計画においては、飲料水の備蓄の他、静岡県への緊急時の給水支援要請や、他の市町村からの臨時の給水などが受けられるよう配慮している。
但し、大規模災害を想定し、より安全で安定した飲料水の確保を進めるため、吉田町保健センターに隣接する小藤路公園に配備が行われた。

 
設置・選定のポイント
公園内を最大限解放しつつ、省スペースかつ低コストによる工事を実現
豊富な地下水の恩恵により、国内でも有数の養鰻の地である吉田町。
地下水が豊富であるということは、耐震性貯水槽を設置する際にはその地下水の処理が問題となる。yoshida_01setchibasyo 一般的な横置き型の製品の場合、施工ヤードが広く必要になるだけでなく、製品設置に先立つ基礎工事や土止め工事において、その湧水処理が大がかりになり、それに応じて費用も大きな問題となることが検討段階で予見された。
そこで打開策として注目されたのが、業界で唯一潜函工法による縦円筒型の製品を製造する
カナサシテクノサービスだった。

公園が使用不能にならないよう配慮しつつ、安全に最大限配慮し、他社との比較においても総工事費で最も費用を抑えた計画が立案可能となった。
「限られた施工ヤードや湧水処理等の工事環境を考えた際に、カナサシさんの製品が最も合理的だった。土止め工が不要である等工事方法も既存の考え方に囚われず、新たな取り組みを推奨する姿勢にも共感を覚えた。」(担当者)
防災公園として有事の拠点に
飲料水兼用耐震性貯水槽は、災害時以外に発生した火災にも効果を発揮する。
「消火用の防火水槽の機能と、大規模災害時の飲料水の確保の2機能があることで、防災公園としての役割にも幅が持てることになる。」

yoshida_02naibukeren「定期的なメンテナンスを行うことで、いつ起きるかわからない災害の備えが可能となっている。町内では他にない規模の貯水量を有し、防災公園がそのシンボルとしての意味も増すので、行政の防災への取り組みをPRすることで町民の防災意識の高揚にも貢献している」という。

 
設置の成果
丁寧な仕事と安価なメンテナンス費用
「3年で1回程度は内部を開放し点検を実施している。作業段階ごとの写真管理も徹底して行い、清掃、内部点検、補修塗装、清掃消毒、採水検査と一連の作業を定年に実施して頂いている。」
また、「他社の飲料水兼用耐震性貯水槽メーカーに比べて点検費用も割安であり、継続的かつ長期的な使用が前提となることから、このメンテナンス費用の優位性は大きい。」と担当者は話す。

yoshida_03maintenanceyoshida_04sokutei
 
今後に向けて
対策はまだこれから
現状の防災対策が万全だとは考えていない。
「防災に絶対はない。3日間の初期の応急給水は確保してはいるものの、規模によっては1週間の対応が考慮される必要があるかもしれない。」と担当者。
「今後も防災訓練や看板、ホームページによる市民への情報発信は継続していきます。」
とのことである。
液状化対策型飲料パンフ用鳥瞰図(カット)シェーダー この事例に関する製品
飲料水兼用耐震性貯水槽 K100-7.5-ASL型
K60-7.5-ASL型
K40-7.5-ASL型 (現在開発中)
飲料水兼用耐震性貯水槽として初めて液状化による浮上抑止機能を備え、
液状化の懸念のある地域でも安心な製品です。
(一財)日本消防設備安全センター認定品 100t:飲-13001号 60t:飲-14002号