1. ホーム
  2. >
  3. 事業案内

事業案内BUSINESS

耐震性防火水槽・貯水槽の製造販売を通じて
地域防災システムの構築に貢献しています。
tank0404-03

平成7年に起こった阪神淡路大震災を始め、平成16年の中越地震、平成23年の東日本大震災など近年、自然災害による被害が拡大しています。人口、 産業が集積する既成市街地や近接する地域は大震災発生時には著しい被害が発生します。逆に人口の少ない農村部などでは、一旦、大震災が起きて道路を遮断してしまえば食料や飲料水、生活用水などの生活物資の供給が困難になります。

また、二次災害で火災が発生すれば山火事へと拡大していく恐れもあります。阪神淡路大震災の時には水道管などの破裂により、都市水利の約90%が断水してしまいました。そうした教訓を生かし、水道施設等の被害によって消防水利の確保に支障を来す事のない様、消火栓に偏ることなく、防火水槽・貯水槽の整備 を行い、一方で、飲料水、生活用水を確保していく事が、地域防災の一環であり、貢献していく事が我々の使命だと自負しております。

防火水槽とは

一口に防火水槽と言っても、地上に置いてあるものや地中に埋まっているもの、容量、形状、材質も色々あります。 又、用途の違いで呼び名も変わります。

火災発生時の初期消火が目的で消防署が管理しているものを「防火水槽」、地震などの非常時に消火目的の他に生活用水の確保を目的としたものを「貯水槽」と言います。 他に、消火と飲料水の確保が目的であるものを「飲料水兼用貯水槽」と言います。

現在では、国や県の補助対象であるならば、耐震が義務付けられていますので「耐震性貯水槽」などと呼びます。「国や県の補助対象」と言うのは、皆様が住んでいる市や町や村で、皆様方住民の要望や、市町村の計画などで防火水槽を設置するとき、国や県が、費用を一部負担してくれるという事です。 この場合、補助対象として耐震性が保たれている事の他に、国が認めた認定機関である(一財)日本消防設備安全センターの認定を受けていなければならないのです。

ですから、メーカーは日々、研究・開発を重ね(一財)日本消防設備安全センターの認定品として認められてから、製品をデビューさせるのです。

カナサシテクノサービスの貯水槽の特徴

耐震性について
・優れた強度と高い延性による耐震性を実現
・完璧な止水性
・液状化現象に対応

品質について
・メーカー直接工事による確かな保証
・二重防錆策を施し高品質を保持

工期について
・手離れの良い短工期を達成
・軽量化により運搬、設置が容易に
・潜函時はスピーディに沈下

設置について
・豊富な機種で様々な場所での設置が可能
・工事中の湧水も適切に対応
・設置場所の土質は選びません。
(埋め戻し時は発生土の利用が可能です。 )