1. ホーム
  2. >
  3. 事例紹介
  4. >
  5. H型フレーム工法による事例

事例紹介CASE

H型フレーム工法による事例

H型鋼なら頂版だけで無く側壁の崩壊も抑制
jirei02
荷重条件等に合わせて構造計算を事前に行います。
H型鋼で組まれた骨組みによって、頂版だけで無く側壁の崩壊も抑制できるのが特徴です。
ボルト、プレートにより組立てる為、溶接を必要としません。

jirei01
様々な形状(凸凹や不規則寸法)にも伸縮支柱、H型フレームの組み合わせで対応可能です。


工場で製作されたパーツはマンホールより搬入します。


搬入されたパーツは人力にて設置、組立が可能なように設計されています。


樹脂塗装はH型フレーム組立前に施工しておきます。
樹脂塗装をする事により漏水防止及び劣化抑制の効果があります。
また、ポリウレタン樹脂においてはひび割れ追従性が高いという特徴があります。


断面補修・漏水・止水補修の必要が有る場合は事前に施工します。